Σ(`ロ´ノ)ノ (仮)

crucis.exblog.jp ブログトップ

ん~…

先のキャシー戦で青魔法の与TPについて突っ込まれ
それを気にされたら何も出来なくなるのが青魔道士
元々 自分はそんなに乱射しない方だと思っているので
アレでダメならどうすりゃ良いの?状態

と、言うことで ちょっとグンニャリなクルです

そんなワケで少し与TPなどについて…
戦闘中にこんな話をしてる余裕もないので書いてみます


まず 与TPは1以上のダメージを伴う 
物理・魔法攻撃を相手に命中させた時に発生します

例えば 普通に殴った場合 こちらの1発の得TP+3が与TPになります
自分が殴って1HitでTPが5貯まるなら 相手にはTP8が加算されているということです
二刀流で2本の武器を持ち 1Hitで各5TPずつ増加するなら 相手には与TP16です
クラーケンクラブを使うとモノ凄い勢いでWS発射されますね
コレにジョブや装備によってモクシャが付いていれば与TPが軽減されます
魔法の場合は 与TPは一律10となっています(被弾した時の得TPは一律5)

そして青魔法で言うと 基本は魔法と同じですが 
嫌われるコトの多い物理系多段青魔法は Hit数x10が与TPとなります
ディセバーメントがフルヒットすれば 与TPは50にもなるってことですね
何も考えずにコレを連打すれば確かに敵のWS回転数は急上昇
状況によっては深刻な事態になるかもしれないですね

青魔法ヘッドバットはダメージと追加効果でスタンを与えることが出来ます
使ってみると判りますが ヘッドバットそのもののダメージは
通常の攻撃で与えるダメージよりも高いコトの方が多いです
通常の攻撃1発+αのダメージ+スタンが 与TP10で入ると考えたらどうでしょう?
ほんの僅かではあるでしょうが ダメージに対する与TP効率は良くなります
リキャストの早さも 特徴でもあると思っています

黒魔法ポイズンⅡは120秒で最高400のダメージが入ります
青魔法ディセバーメントは180秒で最高1080のダメージが入ります
これに魔法そのもののダメージもついてきます
スリップだけでも 同じダメージを稼ごうと思えば
ポイズンⅡを4~5回入れることになります

ディセバーメントそのもののダメージが例えば500だとして
同じダメージを通常攻撃で稼ごうと思ったら与TPはいくつになるでしょう?
敵や装備にも左右される要素ではありますが
1発で70のダメージで得TP5の武器であれば 50前後の与TPをすることになります
クリティカルなどを考えてはいないので 一概には言えませんが
同じ削るダメージに対する与TPで言えば 大きな差は無いと思います
同じように 多段青魔法にH・バラージやF・リップなどがありますが
瞬間で大きなダメージを出すか ポカポカと殴って与えるかの違いで、
ポイズンも 1戦闘で4~5回も入れ終わらないうちに倒しているでしょうから
戦闘時間に対する瞬間与TPはディセバーメント等の方が確かに多くなり
敵のWS間隔が短くなり、精霊魔法などでの削りと比べて
回数も多くなるでしょう 特に後半のWS即打ちモードになれば。 それは否定できません
武器による多段WSは 初弾1発分の与TPしかしないので
それと比べると 敵への与TP効率は遥かに高いですしね…

見た目が多段で派手で 黒魔法などと比べると
単発物理系青魔法でも 遥かに与TPしているように見えるのかもしれません
多段の場合の1Hit与TP10と言うのを知っていれば 尚更でしょう
戦闘時間が長いNM等とやる場合にも 総与TPは多くなるので
好みの問題もあるでしょうし、そこはどうしようもないですが…
敵WSの回転数などを気にするのなら それこそ
全部精霊で倒せば? に、なっちゃうと思うのです…


そんなワケで 青が嫌われる要素の1つの 青魔法の与TPについて
長ったらしくウダウダと書いて来ましたが…
色んな掲示板などからの偏った見方だけではなく
ちょっとでも知ってもらえたらなぁ と思って書いてみました

もちろん おいらが良いように偏った知識しか持ってないのかもしれないし
どこかで勘違いしている部分もあるかも知れません…
コレオカシイヨみたいな突っ込みがあれば 是非コメントしてください

今後の青魔道士としての立ち回りの 参考に出来るので
[PR]
by cru-fen | 2007-03-17 03:13 | ■ひとりごと■
line

ヴァナぶらぶら日記・・・?


by cru-fen
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31